韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

WordPressでブログ作り16(SEO対策)

WordPress

SEO対策に、検索エンジン用のサイトマップである、「sitemap.xml」というファイルを作成します。
でも、このsitemap.xmlは、投稿記事が増えるたびに更新しなければならないため、自動で更新してくれるプラグインを使います。
「Google XML Sitemaps」というプラグインを利用しました。

この記事は、こちらの参考サイト様の記事を参考に作成しました。(というか、ほとんど抜粋ですが…)

【参考サイト】
SEO対策。プラグインGoogle XML Sitemapsでsitemap.xmlを自動出力させる

1、事前の設定等

まず、「管理画面 > 設定 > 表示設定」で「検索エンジンでの表示」の「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」のチェックをはずします。

そして、「管理画面 > 設定 >投稿設定」の「更新情報サービス」に、Pingの送信先サーバのURLを記述します。
Codexの「更新通知サービス」のページの、「XML-RPC 通知サービス」の「日本語」のところに書いてある、URLをコピペします。
「http://rpc.pingomatic.com/」はもともと入力されているので、改行で追記します。

そして、ページのtitleとディスクリプション(説明文)を適切に表示しているか確認します。
こちらは、header.phpに記述しているはずです。

<meta name="keywords" content="キーワード1,キーワード2,...">
<meta name="description" content="<?php bloginfo('description'); ?>">
<?php if  ( is_home() ): ?>
  <title><?php bloginfo('name'); ?> - <?php bloginfo('description'); ?></title>
<?php else: ?>
  <title><?php wp_title(''); ?> - <?php bloginfo('name'); ?></title>
<?php endif; ?>

【該当記事】
WordPressでブログ作り1(準備編)- 3、トップページにあたるhome.phpを作成
※こちらはhome.phpを作成する記事ですが、そのあとheader.phpに切り分けるので、最終的にはheader.phpに記載されることになります。

スポンサーリンク

2、「Google XML Sitemaps」のインストール

プラグインの「Google XML Sitemaps」のインストール・有効化します。
設定は、「管理画面 > 設定 > XML-Sitemap」から変更できます。
ほとんどデフォルトのままでOKですが、更新頻度や優先順位、含めない項目などを設定することができます。

このプラグインは、インストールして有効化するだけで、sitemap.xmlを作り、GoogleとBingに自動的にサイトのURL登録してくれるので、手動で登録(クロール申請)しなくて大丈夫です。
サイトを更新するたびにsitemap.xmlも自動で更新してくれます。

【参考サイト】
SEO対策。プラグインGoogle XML Sitemapsでsitemap.xmlを自動出力させる

スポンサーリンク

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください