韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

【メルカリ】購入方法

スマホで手軽に不用品を売ったり、欲しいものを買ったりできるフリマアプリにハマっています。
今回は、購入方法について紹介したいと思います。

メルカリの始め方、登録方法については、
「【メルカリ】フリマアプリ・メルカリの始め方 〜招待コード有り〜」の記事をご覧ください。

購入方法

メルカリに慣れる第一歩として、まず購入から始めるのがオススメです。
購入してみると、一通りの流れが把握できるし、1回の取引で、実績が1つ増えます。
出品から始めると、実績ゼロの人から購入するするのが怖いなと思われてしまうかもしれません。
招待コードで300円分のポイントもあるので、気軽に購入できます!

購入する際は、特に手数料もかからず(クレジット決済の場合)とても簡単です。

基本的な購入方法は、まず、上部の虫眼鏡マークをタップして、キーワードを入力したり、カテゴリーやブランドから商品を検索します。
例えば、Webデザインに関する本が安く出品されていないかな?と思ったときは、キーワードに「Webデザイン」と入れて検索してみます。そうすると、本がたくさん出てきます。
ボーダーのニットが欲しいなと思ったら、「ニット ボーダー」で検索します。

右上にある「絞り込み」を押すと、ブランドやサイズ、価格、商品の状態などで絞ることができます。

気になった商品は、「いいね!」しておきます。そうすることで、あとで「マイページ > いいね!・閲覧履歴」から商品を見ることができます。複数の商品を比較するときなどに便利です。

また、メルカリに出品されていないけれども、他のフリマアプリには出品されている商品があるかもしれません。
私は、ラクマヤフオクも利用しています。

気になる商品に「いいね!」を付け、本であればamazonの中古本の価格と比較し、服であれば、Google等で検索をして定価などを調べます。

もし、商品について質問があれば、気軽にコメントで質問することができます。
例えば服であれば、
「はじめまして。コメント失礼します。
こちらの商品気になっているのですが、身幅と着丈を教えていただけないでしょうか?」
といった感じです。

また、購入や質問をする前に、出品者のプロフィールは一読しておいたほうが良いです。
あと、出品者の評価もチェックしましょう。「普通」や「悪い」の評価がたくさん付いている出品者とはあまり取引しないほうが良いです。もちろん、いたずらで評価を付けてくる人もいるので、どんな人が評価を付けたかチェックして判断したほうが良いと思います。

プロフィールに、「購入前にコメントをお願いします」などと書いている方もいます。
その場合は、購入前に、「はじめまして。こちら購入希望です。購入して良いでしょうか?」などとコメントしましょう。
そういった記載がない場合は、基本的には早い者勝ちのルールなので、いきなり購入ボタンを押して大丈夫です。

また、メルカリでは頻繁に値段交渉が行われています。
「あと数百円安ければ買うのに!」とか、他の出品されている商品の相場と比べて高いなと思うときは、値段交渉してみる価値はあります!
あと、例えば777円や555円など、中途半端な数字の値段で出品されているものは、700円や500円などといったキリの良い数字まで値下げしてくれることが多いです。
それから、出品されてから2週間以上経っていて、「いいね!」があまり多く付いていない商品も、値下げしてくれる可能性が高いです。

値下げのコメントは、例えば、
「はじめまして。コメント失礼します。
こちらの商品気になっているのですが、○○円でお譲りいただけないでしょうか?
ご検討よろしくお願いします。」
といった感じです。

ただ、気軽に値段交渉OKと言っても、半額など極端な値段を提示すると、非常に嫌がられます。
また、プロフィールや商品説明に、「値下げ不可」と書いてあるものには、値下げ交渉しない方が無難です。
取引したあとに悪い評価を付けられたり、トラブルになるのも面倒です。
値下げ交渉は、常識の範囲内で行った方が良いです。
また、人気の商品は、値下げ交渉をしている間に他の人に買われてしまう場合もあるので、即購入した方が良い場合もあります。本当に欲しいものは、値下げ交渉せず、すぐに購入した方が良いです。

交渉が成立すると、出品者が値段を変更してくれます。
出品者によっては「専用」にしてくれることもあります。

※「専用」とは、出品者がタイトルや画像に「〇〇様専用」という文言を入れてくれるということです。メルカリの仕様上は、「専用」にしても他の人が購入できてしまいますが、メルカリ内の暗黙の了解で、他の人は購入を控えるようになります。

購入ボタンを押した後は、値下げ等金額の変更ができないので、必ず金額を確認してから購入ボタンを押します。
また、送料込みの値段か、送料別かということも注意です。

購入ボタンを押すと、購入手続き画面が表示されます。
ポイントやメルペイ残高(売上金)があれば使用できます。

支払い方法は、
・チャージ払い(登録した銀行口座からメルペイ残高に入金してからメルペイ残高から支払うこと。最低チャージ金額は1000円。)
・メルペイあと払い(翌月にまとめて支払う。ただし残高がない場合は手数料300円)
・コンビニ/ATM(手数料100円)
・クレジットカード(手数料0円)
・d払い(手数料100円)
・auかんたん決済(手数料100円)
・ソフトバンクまとめて支払い(手数料100円)
を選択できます。

私は手数料0円にしたいので、ポイントとメルペイ残高(売上金)か支払うか、クレジットカードで支払っています。

購入後は、取引画面が出てくるので、ここに一言、
「購入させていただきました。
短い間ですが、よろしくお願いします。」
などと挨拶すると印象が良いです。
たまに、全く挨拶なしで取引される方もいますが、出品者によってはとても不安に思われる方もいます。
取引後に、「普通」や「悪い」の評価が付かないように、一言でも挨拶をしておく方が良いです。

商品が発送されると、メールとお知らせで通知が来ます。
また、出品者によっては、取引画面で発送した旨のメッセージを送ってくれます。
その場合は、「ありがとうございます。」などと返信しておきます。
(購入から発送までの日数は、商品の詳細画面に記載してあります。)

実際に商品が届いたら、受け取り評価をします。
よっぽどのことがない限り、評価は「良い」にします。
メルカリで「普通」評価は、結構嫌な思いをした時にしか使いません。
「悪い」評価はよっぽどのことです。

受け取り評価のコメントには、
「本日受け取りました。迅速丁寧なお取引、ありがとうございました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。」
といった感じで書くと良いと思います。

商品が気に入った場合は、
「素敵な○○をお譲りくださりありがとうございました。」
「とても気に入りました。」
「大切に使います。」
などと書くと喜ばれます。

受け取り評価後、相手が自分を評価します。
この時、自分が付けた評価とコメントは、相手側からは、相手が評価を付け終わるまで見られません。
なので、取引画面のコメント欄にも、評価コメントと同じコメントを書いておくと、とても印象が良く、相手が良いコメントを書いてくれることが多いです。もちろん、取引画面にコメントせず、いきなり受取り評価のコメントに書くだけでも大丈夫です。

相手が自分を評価し終わったら、取引終了です。
この時点で相手には売上金が反映される仕組みになっているので、購入してお金を払ったけれども商品が届かないというトラブルはありません。

自分のプロフィールを確認してみると、評価が1つ増えているはずです。
これで実績が1つ増えました。
このような流れで購入します。

私がメルカリで購入した中で良かったのは、月刊雑誌や、本、ちょっと使ってみたいと思っていた化粧品などです。
雑誌や本は、amazonの中古本よりも安く購入できることが多いです。
化粧品も定価以下で購入できます。定価7000円以上の化粧水を、未使用で2000円で購入できた時は嬉しかったです!

メルカリは商品数が多いので、何か買おうと思った時は、まずメルカリに出ていないか調べてから買うようにしています。

次回は、出品方法(売り方)について書きたいと思います。

これからメルカリを始める方は、
ぜひ私の招待コード「RTFNBC」を使ってください。
300円分のポイントがもらえます。

 

※招待コードを使っても、私からは誰が招待コードを入力したかはわからないのでご安心ください。

スポンサーリンク