韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

Illustratorでハガキの余白なし(フチなし)印刷

いつの間に2015年もあと1か月半!!ということで、
昨日は喪中はがきを作りました。(年賀状ではなく。。)

今年はIllustratorでデザインを作り、自分で家のプリンタで印刷して出すことにしました。
といっても本当に簡単なデザインです。

ただ、背景が左上から右下にかけてグラデーションで薄い青→白→薄い青となるようにしたので、フチなし印刷にしなければならず、印刷の設定に戸惑ってしまいました。

印刷の設定を忘れないために、ブログに書いておこうと思います。

1、はがきサイズのアートボードを作成

まず、新規作成ではがきサイズのアートボードを作成します。
サイズを「カスタム」にし、縦のデザインの場合は、幅を「100mm」、高さを「148mm」にします。
横のデザインの場合は、幅「148mm」、高さ「100mm」にすればできます。
そして、裁ち落としを天地左右すべて3mmにします。

【参考サイト】
Illustrator入門ガイド – オリジナルデザインの年賀状をつくろう | Adobe Illustrator CC tutorials

スポンサーリンク

2、印刷の設定

印刷するときは、「ファイル > プリント」を選ぶと、プリントダイアログが開くので、下のように設定します。

用紙サイズは「ハガキ 100 x 148mm」を選択します。
そして、拡大・縮小は「用紙サイズに合わせる」にします。
さらに、左下の「プリンタ」ボタンを押し、プリンタの詳細設定を行います。

私の家のプリンタは、エプソンPX-101です。
プリンタによって設定が違うと思います。

基本設定のタブで、用紙種類を「郵便ハガキ」もしくは「郵便ハガキ(インクジェット紙)」にし、印刷品質を「きれい」にします。
そして、用紙サイズを「ハガキ 100 x 148mm」にし、「四辺フチなし」にチェックを入れます。これでOKを押します。

そのあとプリントダイアログで部数を設定します。

プリンタにはがきを設置するときに、向きが合っているかと、曲がっていないかを確認して「プリント」を押し印刷します。

これで四隅まで余白なしで印刷することができました!


スポンサーリンク