韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

会社辞めました!6月からドイツに行きます!

約1年ぶりにブログ更新します。

1年前の2017年3月に、外資金融系の会社でWebデザイナーとして働くことになり、今年2018年の3月末で退職することにしました!
それで、6月からドイツ・ベルリンへワーキングホリデーで行こうと思っています。

外資の会社で働こうと思った理由は、
2016年の年末のウィーン旅行で、ウィーンに住みたいと思い始め、そのためには英語の環境で働く経験が欲しいと思って、英語環境のWebの仕事を探して、その会社に入社しました。

ウィーン旅行の記事はこちら↓
ウィーン旅行

私の英語はめちゃくちゃ下手なので、最初は本当に大変で、毎日神様に「助けてください」ってお祈りしてましたが(笑)、周りの人に助けられながら、なんとかやってました。
半分くらい意味わかっていない中、仕事が進んでいく感じでした。(笑)

1年終わった今でも英語は上手ではないです。でも1年間なんとかなってきたので、なんとかなるってことだけはわかりました。

仕事も少し慣れてきた去年の9月頃、schooという動画サイトで、wasabiさんという方の授業を見ました。
wasabiさんは、ドイツ在住のフリーランサーで、新卒フリーランスでベルリンへ渡ったという方です。

wasabiさんのWebサイトはこちら↓
WSBI

その授業動画で、ドイツ、特にベルリンは、
・フリーランスビザが取りやすいこと、
・英語だけでも仕事できること、
がわかり、私もベルリン行ってみたい!と思いました。

wasabiさんがTEDxYouth@Kobeに登壇した時のビデオも見て、すごく刺激をもらいました。

wasabiさんは、自分の欲に素直になろうと言っていて、wasabiさんの一つだけ譲れない欲は、ヨーロッパに住んで好きなことで働くことだったそうで、それ私も!!!!!って思いました。
なので、今まで行ったことなかったけど、ベルリンに興味が出てきました。

ドイツはワーキングホリデーができて、調べたら31歳の誕生日まで申請すれば間に合うことがわかりました。
私は今29歳です。まだ間に合う!!

子供いつ産もうとか、考えちゃうけど、今逃したら行くハードルがもっと高くなってしまうんだろうな・・・と思い、会社1年勤めたら辞めて行こうと思いました。

旦那とも相談しました。私は1年のワーホリだけじゃなくて、wasabiさんみたいにヨーロッパに移住したいと思ってたので、旦那にもいつか仕事休んでヨーロッパ来てほしいと思ったのですが、旦那はどうしても仕事を休むわけにはいかないらしく、その辺りはちょっと揉めましたが(笑)、結論は、私が1年後ドイツでどうなってるかもわからないから、とりあえず1年行って来て良いことになりました!! 旦那さんありがとう。

旦那さんの家族に言った時は、最初、空気が凍りました。(笑)
多分、もう結婚して5年が経つし、そろそろ子供でも・・・と思っている頃に、まさか嫁が海外へ行くってどういうこと?ってなったんだと思います。
「どういうことか全然わからない」と言われました。(笑) そりゃそうですよね。
女性が海外で一人で住むのは危ないと心配されました。
私としては、別にそこまで危ないことはないんじゃないかなと思いました。
韓国とドイツは全然違うけど、韓国に4年間住んだこともあるし、そこはどうにかなるんじゃないかなって。
でもそのあと、テレビでベルリンの番組を見たみたいで、今はありがたいことに応援してくれています。

会社の人にも相談したら、みんな、「良いじゃん!楽しそう!!」みたいな感じで言ってくれて、行かない理由は何もないなと思いました。
ただ、みんなから「旦那さんは大丈夫なの?」って聞かれました。(笑)

それで、とりあえずベルリンってどんなところなのか見てみようと思って、この前の年末年始の休みに、旦那とベルリンに旅行に行ってきました。
旅行のことは、詳しくはまた別の記事に書きたいと思います。

ベルリンは、ウィーンに比べるとヨーロッパっぽい建物も少ないし、落書きされた建物が多いし、コーヒーの種類が少なくて(ウィーンが多すぎ)、ベルリンの方が都会って感じがしました。どっちかというと私はウィーンの方が好きかもです。
それで、ベルリンにするかウィーンにするか結構迷いました。


ベルリンのミッテ地区


ホストの家の近く 落書きが多い

でも、Airbnbを使って民泊したのですが、そこに偶然、ワーホリでベルリンに住んでいる台湾人の同世代の女の子がいて、その子に色々教えてもらったり、ホストがすごく良い家族で、小さい子供がいるんですが、すっごくフレンドリーで本当に可愛くて、ベルリンも良いな〜と思いました。
そして、最後の日に、ホストから、「もしワーホリでベルリンに住むなら、ここに住んで良いよ」と言われました。
ベルリンは、家を探すのがすごく大変と聞いていたので、もう家見つかった!!と思って、これはもうベルリンに行くしかないなって思いました。
すごくラッキーです。

※Airbnbとは、ホテルではなく、現地の人に部屋を借りる民泊サービスです。
現地の人と交流したり、生活が見られたりと、ホテルとは違った体験ができます。
初めて利用される方は、3700円分程度(金額は多少変化します)のクーポンがこちらからゲットできます!

あと、ベルリン在住の、みのうらきなさんというグラフィックデザイナーの方にもお会いしてお話したのですが、
すごく行動力のある方で、wasabiさんのことを知ってすぐベルリンにワーホリで来たという方です。
そんなきなさんが、「自分の心に正直に」と言っていたのが、すごく心に残って、本当にそうだなと思いました。
それで、ベルリンとウィーンで迷ったけれど、ベルリンに住んでみたいと思ったのでとりあえずベルリンにワーホリしてみようと決断できました。
住んでみて、やっぱりウィーンに行きたいってなったら、その時「自分の心に正直に」ウィーンに行けば良いしって。

それで、1月の2018年初出勤の日に、会社に3月で辞めることを伝えました。
上司に「ドイツ旅行どうだった?」と聞かれて、「すごく良かったです。それで、住むことに決めました。」って言いました。
事前に個人的に相談はしてたけど、びっくりされました。笑
でも、みんな応援してくれる人ばかりでした!

最終日はちょっと寂しかったけど、とってもハッピーでした。
色々大変なこともあったけど、ここで働けて良かったなと思いました。

それで今に至ります。

実際の渡航を6月にしたのは、それまでに作らなきゃいけないWebサイトがあるからです。

あと、私はメルカリとかネットショッピングが好きなので、今後はECサイトとかの仕事をしてみたいです。
Webデザイナーとしてだけでなく、自分のネットショップを作りたいです。
その準備をしようと思っています。

あとは、1月に引っ越したので部屋の片付け(まだ終わってない)と、ブログを更新したいのと、ドイツ語の勉強をしようと思います。
ビザの準備もしてます。
あと、4月に香港ディズニーに行きます! 香港の友達にも会う予定です。

今まで放置してたブログですが、これからもっと更新していきたいと思います!



スポンサーリンク

コメント

  1. 【渡辺舞】好きな場所で、好きな仕事をするために! | 1988年生まれをつなぐWebサイト【88'spot】

    […] に行くしかない!と思い、会社を辞めて、旦那を日本において1年間ベルリンに行くことに決めました。 (「会社辞めました!6月からドイツに行きます!」http://watanabemai.com/2018/03/28/1101/) […]

  2. tanakafromjapan

    はじめまして、いつもtwitterで拝見しております。予定では年内には国内の仕事を辞めて年齢ラインぎりぎりのワーホリをするものです。
    独学でドイツ語を勉強していて、実際にワーホリされている方の生活の様子を見てモチベーションにしていました。そのうちの一人が筆者さんです。
    語学学校の情報や住まいの情報が書かれてあってとても貴重な情報で助かりました!
    ワーホリ前に現地に短期滞在して住まいを見つけたかったので、僕もAirBnBを利用を考慮していみます。
    最新の記事も拝見しましたが、いつも行動して、前に進まれていてとてもパワフルでかっこいいです!
    これからはしんどいことがあったら、筆者さんの行動力を見習って進んでいきたいと思います!
    twitterを含め、ドイツでの生活情報や心情楽しみにしています!

    • Mai(管理者)
      Mai(管理者)

      はじめまして。とても嬉しいコメントありがとうございます。
      私は最近なんにもうまくいってないと思っていたので、そんな風に言っていただけてとても嬉しいです。励みになります。
      私もtanakafromjapanさんのコメントをモチベーションに、これからもドイツでの生活情報や心情などを書いていきたいと思います。
      年齢ぎりぎりのワーホリということは同世代ですね!
      tanakafromjapanさんのワーホリも素晴らしいものになりますように!応援しています。
      今後ともよろしくお願いします!

  3. tanakafromjapan

    お返事頂きありがとうございます。
    ワーホリするために情報集めるだけで、精神的にも時間的にも大変だなと実感しております。準備を含め、現地での生活を過ごし、ブログやSNSの更新されているの筆者さんのパワーは素晴らしいと思います。コメントせずともそれが力になっている私のような読者さんが他にもいらっしゃると思います。

    現地での滞在方法ですが、AirBnB以外で何か利用したサーボスなどございますか?
    ドイツでの住居探しのアドバイス頂けたら嬉しいです。
    お時間割いて頂きありがとうございました。

    • Mai(管理者)
      Mai(管理者)

      ありがとうございます。温かいコメントをいただけてとても嬉しいです。
      住居探しなのですが、私は下見で1週間Airbnbを利用した時に、運良くそのお家に住むことになったので、それ以外のサービスなどは使っていないです。
      そういえば、下見で来た時に知り合った台湾人の子に、このサイトを教えてもらいました。
      https://woloho.com/
      家や仕事を探せるサイトです。私は使わなかったのですが。
      その台湾人の子によると、Airbnbで2ヶ月くらい住んで、別の家を探していた外国人もいたって言っていました。なので、最初はAirbnbで住む場所を確保しておいて、現地でゆっくり探すっていうのもありなのかなと思います。
      あまりお役に立てる情報がなくて申し訳ないのですが、でもきっとどうにかなると思います!

  4. tankafromjapan

    お返事頂きありがとうございます。
    AirBnBと上記のサイトを登録して、たくさん情報探しています。日本国内では知らない情報ばかりで調べている時点でとても感謝しています。
    ただ、新しいことにチャレンジする前にどうしても躊躇してしまう癖があって、失敗したらどうしよと悲観的になってしまい、思考が停止してしまってました。
    筆者さまが紹介されていたDaigoさんの動画と、お返事に記載されていた「きっとどうにかなると思います。」その言葉にあんまり考えていても仕方ないなと肩の力が抜けました。
    とにかくチャレンジして失敗したら違う方法にまたチャレンジする!そうしてみようと思います。
    見ず知らずの私に丁寧に対応してくださりありがとうございます。厚かましく質問ばかりのコメントで見返しただけで恥ずかしいです。
    来年の今頃は筆者さまのように、チャレンジを繰り返し、いろんな経験を共有できるようになりたいです。重ね重ねになりますが、ありがとうございました。

    • Mai(管理者)
      Mai(管理者)

      返信遅くなってしまいすみません!
      Daigoさんの動画見ていただけたんですね!
      私もあの動画にかなり救われました。
      あと、語学学校の友達で、最近引っ越した人がいたので、どうやって家を探したのか聞いてみました。その子はメキシコ人で、ベルリンに5年くらい住んでいるメキシコ人の彼氏と一緒に住んでいるのですが、その彼氏から二つのサイトを教えてもらいました。
      一つは、Immobilien Scout 24というサイトで、アプリもあります。
      https://www.immobilienscout24.de/
      これは、「フォーマル」な契約をするタイプの家を探すサイトで、債務がないことの証明、直近3ヶ月の収入証明、なぜこのアパートに住みたいかっていう志望動機みたいなもの(motive letter)などがいるみたいです。他にも必要書類は物件ごとに違うようです。
      もう一つは、GW-Gesucht.deというサイトで、
      https://www.wg-gesucht.de/
      こっちは、「インフォーマル」な契約のアパートが探せるサイトです。
      上のような難しい書類は多分必要なくて、facebookの投稿みたいな感じで「家貸します」みたいな広告が探せるサイトのようです。私も「インフォーマル」な契約でAirbnbのホストの家に住んでいます。なので、こっちの方が簡単なのかなと思います。
      現地に来てしまえば、語学学校やそれ以外にも知り合いができると思うので、日本にいるより情報は沢山ゲットできると思います!
      私も今のところ、一人にしか聞いていないけれど二つサイトを教えてもらえましたし!
      私もワーホリに来て毎日悩むことばっかりですが、お互い気楽に楽しくやりたいことにチャレンジできたら良いですよね!!

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください