韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

ただのブログ本じゃない!「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる

立花岳志さんの『「好き」と「ネット」を接続すると、あなたに「お金」が降ってくる』という本を読了しました。

最初の方は、とにかく自分の好きなことについてブログで発信しよう!という内容で、上手に書けなくても、毎日更新することが大事!というようなことが書いてあります。

でも、それだけでなく、後半はハッとさせられることが書いてあったので、記事にすることにしました。

1、世界観の通りになる

一つ目は、「世界観」の話が出てくるところです。

立花さんによると、「世界観というのは、よくも悪くも、その人は『事実』だと思い込んでいるものなので、人間はその世界観を実現するように行動し、思考します。」と書いています。

例えば、実際に持っているお金の多さに限らず、常に「お金はなくなってしまうもの」「お金がは常に足りないもの」と思っている人は、そういう世界観ができてしまって、本当にお金が常に足りない状況になるそうです。

「本当に?」って思いましたが、次の例で、耳が痛くなりました。

たとえば、パリに旅行に行きたいという夢があったとして、「お金がないから、貯まったら行こう」と考える人は、「お金を最優先に考えている状態」なんだそうです。
夢を漠然に夢のまま放置してしまう癖がつくと、「夢は実現しないものだ」という世界観ができてしまい、本当に自分の夢は実現しなくなってしまうんだそうです。
「あぁパリに行きたいな」といつも思い描いているということは、「パリにはどうしても行けない」という事実を作り出してしまっているということだそうです!!!!
これが、絶対に夢が叶わない人の世界観だそうです。

逆に、夢を簡単に実現する人の世界観は、夢を描いた瞬間に行動を起こし、すぐに夢に向かって近づいて行き、そしてすぐに叶うという世界観なんだそうです。
お金ではなく、夢の実現を優先させて、貯金を崩しても、借金してでも、とにかく実行してしまえば、「夢は実現する」という世界観になります。

これを読んで、ハッとしました。

私はつい先日に、こんなツイートしてて、

でも、私なんでウィーン行かないんだろう・・・って。
(6月から、ドイツ・ベルリンにワーキングホリデーで行くことに決めました。)
過去記事参照: 会社辞めました!6月からドイツに行きます!

ウィーンに行きたいけど、夢が叶わない世界観をいつの間に作ってるじゃん!!!!って気づきました。

私は早くウィーンに行かなきゃって思いました。

ベルリンに住みたいっていう気持ちは嘘ではないと思うので、まずベルリンには行きます。
でも、ベルリンにいる間に、なるべく多くウィーンに行って、ドイツ語も沢山使って身に付けて、ウィーンについて発信していきたいと思いました。

スポンサーリンク

2、お金は先払い。感謝とともに出す。

もう一つは、お金を払うと、「お金がなくなってしまう」、「損する」とネガティブに捉えるのではなく、「支払うお金の代わりに同じ対価の商品やサービスを受け取っている」ということを忘れないように!と書いてある箇所です。

神社に1万円寄付するという「神社ミッション」も衝撃的でした。
本来、お金は先に払った分の価値を受け取るので、神様がその分の運をくれるという考えのようです。

これはすごく勇気が要りそうですが、神社ミッションに比べたら、それ以外の、今まで悩んでたちょっと高いなと思ってたサービスは、確実に価値を受け取れるなと思いました。さっさと決断して、お金払って、その分の価値を受け取ればいいじゃないか!って思えました。

「高いからやめておこう」っていうのは、もう思わないようにしよう! やりたいと思ったことを優先しよう!って思いました。

3、ブログを書く意味

この本を通して、私が何のために、誰のためにブログを書こうかというのがなんとなくわかった気がしました。

この本によると、ブログのターゲットは、「あなたのちょっと後ろにいる人」なんだそうです。
例えば、ヨガのレッスン体験をして、それを記事にしたら、その記事を読む人は、ヨガの体験レッスンをしてみたいけど、まだしてない人ということになります。

私は、海外に行きたいけどまだ行ってない人、やりたいことがあるけどその後押しをしてほしい人に読んでもらえるように、ブログを書こうと思いました。

あと、ブログを一つのテーマに絞らなくても良くて、自分の好きなことを書くことが、自分だけのブランディングになる!というのも、それで良いんだ!と思えました。

このブログでは、海外のことだけじゃなくて、Webデザインのことも書いてるし、旅行や食べ物のことも書いているので、全部の記事が海外行きたい人向けではないけど、私の好きなことを素直に発信していこうと思えて、ブログを書くモチベーションも上がりました。

スポンサーリンク