韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

ベルリンで中古自転車を買いました!

ベルリンに来て5日目、念願の自転車を手に入れました。

ベルリンに来てからずっと自転車欲しいなって思ってました。
スーパーに行くのも微妙に距離があるし(歩いて10分くらい)、何より自転車乗ってる人がすごく多くて、快適そうだな〜と思ってました。

でもベルリンの自転車の相場は結構高いです。(食費とか生活用品は安いのに。)
家の近くの自転車屋さんで見たら、新品の自転車は450ユーロ(5万8千円)前後という感じでした。
日本みたいなママチャリ的な自転車は見当たらなくて、もうちょっと本格的な、ボディが細いロードバイクみたいなのしかないです。
日本でもそういう自転車だったら確かに高いかも。

それで、中古で買いたいと思っていたのですが、ネットで調べたら、100ユーロ前後で買えることがわかりました。
でも自転車屋さんで実際に試乗してから買いたいと思って、Googleで「second hand bicycle shop Berlin」って調べて出てきたお店の中で、レビューが良かった「BIKE A-WAY」というお店に行くことにしました。

ベルリンの東側にある、「Straßmannstr.」というトラム(21, M10)の駅から近いです。
地図はこちら

「Hello, I want to buy a second hand bike.」って言ったら、店員さんがフレンドリーに「何用?」みたいなこと聞いてきて、「just go around the city」って言ったら、おすすめをいくつか見せてくれました。

でも、290ユーロくらいのやつで、「予算は100ユーロ前後なんですけど」って言ったら、「100ユーロ前後のは置いてないよ。そういうのは、ショップでは買えなくて、売り手と買い手が直接取引する場合じゃないと買えないですよ。」みたいなことを言われました。
ネットでショップでも100ユーロ前後って書いてあったのにな・・・と思い、「もっと安いのはないんですか?」って聞いたら、後ろのタイヤがむき出しの自転車や、ブレーキが片手しか付いてない自転車(シティバイクみたいなやつ)を見せてくれて、それは160〜180ユーロくらいでした。でも高くても最初に見せてくれたやつの方が良いなと思いました。

ほとんどの自転車は、サドルが高くて乗れなくて、私でも乗れるサドルが低い自転車は、1個しかありませんでした。

「試し乗りしていいよ。Have a good ride!」って言われて、店の周りをプラプラ走りました。
これで乗り逃げされたりしないのかな?って思いました。

乗ってみて乗り心地が良かったので、即決しました!
私のサイズに合う自転車は1つしかなかったし、運命だ!って思いました。値段は260ユーロでした。

あと、鍵は、機械じゃないと切れない頑丈な鍵で、結構重いやつを選んでくれて、それは45ユーロでした。
合計295ユーロ(約3万8千円)。

でも、予算をオーバーしていたので、現金が足りなくて、クレジットカードは使えないと言われ、どうしようって思ってたら、「この自転車乗ってATM行ってお金おろして来て良いよ。」と言われました。
それもびっくりな提案ですが、私はまだドイツに銀行口座がなかったので、
「今週ベルリンに来たばかりで、ドイツの銀行口座を持っていません」って言ったら、「Welcome to Berlin!」って言われて、「そしたら、銀行口座を教えるから、送金して」って言われました。
スマホで送金しようと思ったのですが、日本の銀行口座から送金しなきゃだから家に帰らないとログイン番号とかわからないわ・・・と思って、「やっぱり家に帰らないと日本の銀行から送金できないです。なので今日はこれ買えないです。」って言いました。

そしたら、「今日持って帰らないと、もうなくなっちゃうかもしれないから、持って帰って良いよ。あとで、口座に送金して、そのスクリーンショットをお店のFacebookページに送って。」と言われました。「I trust you」って。あと、「レビューも書いてね」って言われました。
なんでそんなに信頼してくれるの!?って思ったけど、ありがたくお言葉に甘えることにしました。

別の店員さんも来て、自転車の説明を丁寧にしてくれました。
私が買ったのはGiantっていう自転車で、台湾のブランドだそうです。
壊れたら無料で修理するから持ってきな!と言ってくれました。でもタイヤは無料で修理はできないそうです。

最後に、お店の前で自転車の写真を撮りたい!って言ったら、店員さんが撮ってくれました。

私と自転車で撮るのかと思ったら、もう一人の店員さんと一緒に撮ることになりました。

写真を撮ってくれた方の店員さんとも撮りたいって言って撮ってもらいました。

その行動がすごくジャパニーズっぽかったらしく、めっちゃ爆笑されながら「おーこれは日本の文化だ、今日誰かに話さないと!」みたいなこと言われました。
私、話のネタにされるみたいです。

それで名前を聞かれて、今度お店でパーティーするから来なよ!って言われました。Facebookで告知するよ!って。
パーティーとか苦手なので、ノリについていけるか不安ですが、ちょっと行ってみたいかも。
色々な人に出会えるチャンスだし。

最後はハイタッチして別れました。
本当にフレンドリーで親切だった。

帰り道は自転車で帰ったのですが、本当に気持ちよかったです。
自転車用の道があって、信号待ちとかになると結構たくさん自転車の人がいます。

ヨーロッパに住んで自転車買えて、やりたかったこと1つ実現した!と思いました。

これでベルリン1周したいなと思いました。



スポンサーリンク