韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

ドイツ・ベルリンで携帯&プリペイドsimカードを購入

ベルリンに来て4日目に、Andoroidスマホを買いました。

本当は、普段日本で使っていたiPhone6を使いたかったのですが、docomo版iPhoneで海外simが使えないし、iPhone6古くなってきたし、新しいスマホ買いたいなと思って、ドイツで買うことにしました。

買った場所は、近くのショッピングモールの中に入ってたSATURNっていう電気屋さんです。

色々な機種がある中で、直感でWikoっていう会社のLenny5っていうスマホにしました。
フランスのメーカーみたいです。
99ユーロ(約1万3000円くらい)でした。

正直言って、使いづらいです。笑
まず、反応が遅いです。
反応が遅いのが原因なのかもしれないけど、思ったところじゃないところをタップしてたりします。
本当にイライラする!!笑
iPhoneがどんだけ使いやすかが、これを使ってわかりました。笑

なので、私は基本的に、このスマホにsimカードを入れテザリングして、iPhone6に接続して、iPhone6を使っています。笑
つまり、このスマホはWi-Fiルーターみたいなもんです。
だったらもっと古い機種のでもよかったな〜と思います。

simカードですが、機種以上に迷いました。

ホストは、LycaとかLebaraが海外に電話するには安くて良いよと教えてくれたのですが、確かに電話代もデータ容量もお得なのですが、20ユーロ以上のプランしかなくて、迷いました。
月5GBで20ユーロ、月3GBで20ユーロとか。

それに比べて、ボーダフォンは、月1.5GBで15ユーロだったので、電話代もデータ容量も割高ですが、そんなにデーター使わないかもしれないし、15ユーロで済むならそれで良いかって思って、ボーダフォンにしました。

あとで気づいたのですが、「CallYa Smartphone Special」というプランに入ることになるので、毎月チャージ分から9.99ユーロが差し引かれます。
つまり、月1.5GBで9.99ユーロです。
15ユーロというのは、最初だけ15ユーロ分入っているっていうことなのかもしれないです。(多分?)

しかもスマホを買ったSATURNには、ボーダフォンやO2などの大手キャリアのものをか置いてなかったです。

EUローミング付きで、EUの国だったら、追加料金なしで使えるそうです。
LycaとかLebaraもEUローミングつきだけど。

それに、日本に帰るときや、他のsimカードに乗り換えたいときは、特に手続きすることもなく、ほっておけば良いそうです。
6ヶ月使用がなければ自動でデータが消えるそうです。

プリペイドsimを使い始めるときは、アクティベートをしなくちゃいけなくて、自分でもできるみたいだけど、SATURNでやってもらいました。
パスポートと住所が必要でした。
スマホを買った日は、アクティベート担当の人がいなかったので、次の日にsimを買ってやってアクティベートしてもらいました。

アクティベートしてもらって、約1時間くらい待って、セットアップしたら、無事使えるようになりました!!

なんかsimカード色々迷って大変だったけど、1ヶ月単位で買うものだから、気に入らなければ来月別の会社のにすれば良いだけの話なので、もっと気軽に考えてよかったのかもです。

買った後に知ったのですが、FONICという会社のsimカードも良いかも!と思いました。

携帯セットアップできたあとは、自分へのご褒美にジェラートを買いました。

注意なのが、スマホを再起動したとき、simのピンコードをもう一度入力しないといけないということです!
私は、フランスに行った時に、スマホのキーボードが出なくなって、再起動したらsimのpinコードの入力画面が出て、家に置いてきてしまったので困りました。
なので覚えておくかメモしておくかした方が良いです。
それでパリの空港でsimカードを買いました。EUローミングの意味なくなった!!

チャージする時のことは、「ドイツ Vodafone プリペイドsimカードのチャージ方法」をご覧ください。



スポンサーリンク

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください