韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

おすすめのベルリンの語学学校 die deutSCHule

ドイツ語の語学学校に通いはじめて、1ヶ月になりました!

私は、「die deutSCHule」というベルリンのノイケルン(Neukölln、実際にはノイコーンと聞こえる)にある語学学校に通っています。

先生や、クラスメートによると思いますが、私は今のところ、この学校気に入っています!!

なぜ、この学校にしようかと思ったかというと、
インターネットでベルリンの語学学校について調べていて、このdie deutSCHuleが良かったという記事を見つけたのがきっかけです。
学費も安めです。1ヶ月、月〜金まで授業があって、218ユーロ(約28,558円)。教科書代が2ヶ月分で、2冊で31ユーロ(約4000円)です。
A1-1を1ヶ月間、A1-2を1ヶ月間かけて勉強するので、A1は2ヶ月間かけて勉強します。

レベルは、A1、A2、B1、B2、C1までのクラスがあります。
私は一番初心者のA1から始めました。

ホームページに英語表記があるのも見やすくて助かります!
ホームページで、「コーススケジュール」というページを見ると、コース別に何日から何日まで授業が行われているかわかります。

一日、09:15-12:30、13:15–16:30、17:00-20:15の3つの時間帯があって、それぞれのレベルが2ヶ月間のスケジュールになっています。

私は、ちょうどホームページで調べた日の次の日から授業が始まるタイミングだったので、次の日に学校に行って見学させてもらいました。
受付で、「Can I watch a class?」と言ったら、紙をくれて、授業が終わったら、その紙に先生からサインをもらって、受付に返してねと言われました。

ただ、この日が授業が始まる日(月の初め)だったので、受付がすごく混んでいて、並んでいたら授業が始まる時間になってしまいました。
それで途中で入室ができないので、途中の休憩時間が終わった後に入室してくださいと言われてしまいました。
月の初めは、混んでいるので早めに行った方が良いです。

でも、1時間ちょっと時間を潰して、後半の授業を見学しました。

ドイツ語の一番下のレベルのクラスですが、先生はドイツ語でドイツ語を教えてくれます。
当然、みんな、全然聞き取れていなくて、「???」みたいな感じになります。
でも、先生は何度も言ってくれるし、最終的には英語で言ってくれます。(笑)
最初は、授業全然聞き取れないー!!と思いましたが、今ではドイツ語に慣れるためには結構良い方法だなと思いました。

私は、最初の見学の時、先生にドイツ語で「自己紹介してください」みたいなことを言われて、それが何を言ってるのかわからなくて、「ん??」みたいな感じになりました。笑
でも、先生も良い人で、クラスメートも助けてくれて、「あー自己紹介か!」ってわかって、なんとかなりました。
その後、隣に座った韓国人の子が、ノートと教科書を見せてくれました。優しい!!

先生も良い人だし、クラスメートも良い人たちだなと思ったので、ここに決めました。
あと、この学校の良いところは、A1からC1まで同じ先生に習うことができます。

ノイケルンは、移民が多い街で、治安が悪いと書いている記事をたまに見るのですが、私は治安が悪いとは全く感じないです。
確かに、外国人(特にトルコ人)が多くて、トルコ料理屋が沢山あります。
でもだからと言ってノイケルンが特別治安が悪いとは感じません。むしろ、観光客が多いエリアの方が、観光客目当ての詐欺が多い気がします。
でもドイツっぽさは少ないかもしれないです。


学校のある街、Neukölln

ちなみに、もしここが微妙だったら、VHS(Volkshochschule、フォルクスホッホシューレ)という市営の学校に行こうと思っていました。
VHSの方がもう少し学費が安いのですが、授業の見学はできないそうです。
あと、ホームページがドイツ語だけなのが、ドイツ語初心者にはちょっと難易度高かったです。
でも、色々な地域に学校があって、授業が始まるスケジュールも地区ごとにバラバラなので、結構良いと思います。
私はdie deutSCHuleのスケジュールがぴったりだったのと、先生とクラスメートが良いなと思ったのでdie deutSCHuleに決めました。
あと、9ユーロ(確か9ユーロだったと思う)払えば、登録した後に時間帯を変えることも可能です。

私のクラスは、15人くらいいて、日本人は私だけでした。
15人中、2人だけ男子、それ以外は女子でした。普通は男女比率は5:5くらいらしいのですが、私のクラスはたまたま女子が多かったです。
スイス、フランス、スペイン、ポーランド、コロンビア、ブラジル、トルコ、アメリカ、カナダ、オーストラリア、ニカラグア、韓国、台湾から来た人たちがいます。
クラスメートは、良い人たちが多くて、WhatsAppのグループを作って、休んだ人のためにノートをシェアしたり、休みの日に一緒に出かけたりしています。
授業の後に、先生も一緒にランチに行ったり、カフェでビールやコーヒーを一杯飲んで帰るみたいなこともしました。

そして半分くらいが、デザイン関係の仕事をしている人でした。
ベルリンってデザイン、アート関係の人が多いなという印象です。
そして半分くらいの人が、彼氏がベルリンにいるからベルリンに来たという人でした。羨ましい!!笑


授業後にみんなで行ったカフェ

やっぱり結局は人だなって思います。

ちなみに、授業に間に合うようにちゃんと遅れずに来る人は半分以下です。笑
半分くらいは遅れて来ます。

ドイツ語の方は、1ヶ月間で結構進んだ気がします。
挨拶、自己紹介、趣味、仕事、数字、季節、曜日、月、街の紹介、道の聞き方&教え方、食べ物、買い物、時間の言い方、スケジュールの聞き方、アポの取り方、祝日などのテーマを勉強しました。

文法もこれらのテーマで使うフレーズを勉強しながら、学んでいきます。
今のところ、女性名詞・男性名詞・中性名詞が目的語になるときに変化することや、müssen, können, wollen(英語でいうとmust, can, want)などの二つ動詞をとるやつなどを勉強しました。

使っている教科書はこちらです。日本でもアマゾンで買えます!

問題集はこちらです。宿題はこちらの本から出ます。

不思議と、ドイツ語(たまに英語)で説明してもらっていますが、わかりやすいです。
日本語の文法本で事前にちょっと勉強した時より、覚えやすい感じがします。
日本語の本だと、特に名詞の性によって変化するのとか、理解はできるけど、これ覚えられないなーって諦めてたのですが、学校でドイツ語で教えてもらうと、例を沢山出してくれるので、頭に入りやすかったです。

ただ、まだ先生の言ってることは聞き取れないことが多いです。
聞き取れない時は、英語で質問して確認してます。
質問もしやすい雰囲気です。みんなわからなかったらどんどん聞いています。

習ったことは沢山あるけれど、ゆっくり考えながらじゃないと喋れないです。
そして、ドイツ人同士が話してるドイツ語は、知ってる単語がちょっとあるなって思うくらいで、何について話しているかもわからないです。
ドイツ語ができるようになる道のりはまだまだ遠いなって思います。
先生によると文法を習い終わるのがB2で、そのくらいになると大体の日常会話は問題なくなるそうです。

最初は、語学学校に行くつもりはなかったのですが、やっぱり私は独学だとちゃんと勉強できない性格だったので、通うことにしました。
結果、通って良かったなって思います。
色々な国の友達ができるのも楽しいし、英語も鍛えられます。

あと1ヶ月間、引き続きA1を勉強したいと思います!



スポンサーリンク

コメント

  1. まる

    はじめまして!
    こちらの学校を検討中なのですが、受講期間中住むところに困っていて、、
    この学校はそういった点のサポートはありますか??

    • Mai(管理者)
      Mai(管理者)

      はじめまして。記事を読んでいただきありがとうございます。
      学校で住むところのサポートがあるかはわからないです。ごめんなさい。
      英語で対応してくれる学校なので、メールで聞いてみたらどうでしょうか?周りのクラスメートもそういうサポートを使ってる人はいなかったと思うのでないかもしれません。

内容をご確認の上、「送信」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください