韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

ワーホリ2ヶ月目:自分が本当にしたいことについて考えてみた

ドイツにワーキングホリデーで来てから、本当に自分がしたいことって何なんだろうって考えることが多くなりました。

ワーホリ始めて1ヶ月目にも、「ドイツ・ベルリンでワーホリ1ヶ月目で思っていること。」で書いた通り、ベルリンに来て色々考えることがありました。

今2ヶ月経ったところですが、今思っていることを書きたいと思います。

1、ワーホリ2ヶ月目でしたこと

メインは、ドイツ語の語学学校に通い始めました。
通うと思った理由は、ベルリンかウィーンのカフェで働いてみたいなと思って、そのためにはドイツ語がある程度できないといけないと思ったからです。
独学では、ちゃんと勉強できる性格ではないので、学校に通うことにしました。
1日3時間くらい学校で勉強して、宿題も毎日出るので、毎日3時間半〜4時間くらいドイツ語を勉強しています。

それ以外の時間は、BUYMAにチャレンジしました。
1ヶ月目までは、自分が気に入った雑貨や、ディズニーのDVDなどを出品していたのですが、全く売れなかったので(笑)、バイマの実績を上げるためにも、バイマの王道である、ブランドものを出品してみました。

私は、ハイブランドとか、あんまり興味がなくて、ブランドの知識とかも全然ないのですが、バイマで人気のあるブランドで、ベルリンにいて、バイマの相場より安く買い付けできるものを探して、色々出品してみました。
結果、実績がほとんどない私に2件の注文が来ました。
ただ、思ったより大変で、そこまで利益が出るものでもなかったので、割りに合わないなと思っています。

あんまり自分の興味のないブランドを扱っていても、楽しくないし、もう少しやり方を変えていかないとストレスになるなと思いました。

1ヶ月目の最後の方で、Linkedinから来たWebの仕事(コーディング)は、電話面接後、連絡が来なくなったので、ダメだったんだろうなと思います。
でも、Webの仕事やりたいっていう気持ちも起こらなかったので、特に他の仕事は探さなかったです。

そんな感じで、ドイツ語の勉強以外は、特にパッとした結果も出ず、なんかうまくいかないな〜みたいな感じの2ヶ月目でした。

語学学校の友達は、めっちゃいい人ばっかりで、それはすごく良い経験ができたのですが、これからどうしようっていうのはずっと悩んでいました。

スポンサーリンク

2、うまく行かない状態から立ち直って根拠のない自信を持つには?

最近、YouTubeでたまたま、メンタリストDaigoさんの動画を見たことがきっかけで、元気をもらいました!
色々見たのですが、特に刺さった動画はこちらです。

この動画で、

・根拠のある圧倒的な自信というのは、最初は根拠のない自信から始まる。
= 根拠のない自信で色々チャレンジした結果、ある程度うまくいって、「あ、自分の力で人生変えられるんだ」って思えると、根拠のある自信になってくる。

・うまくいった人っていうのは、大抵、沢山いろんなことを試して、ほとんどうまくいかなかったんだけど、どれか1つが当たった。

・最初から、これがうまく行くってわかる人はいない。超能力者か!っていう話。

・短期で一点に集中して、テストしてみて、ダメだったら次に行かなきゃいけない。どれが当たるかわからないから。

・そうするためには、一個一個失敗するたびに、凹んでいる暇はない。一個失敗して、そこから学ぶだけ学んだら、はい次、はい次ってやって行かないと、いつになっても成功しない。

・一個うまくいっても、それにとらわれて工夫をやめてしまうと、それが落ち目になった時に、次に行く勇気が出なくなってしまう。

・つまり、失敗から学ぶ必要はあるが、失敗して凹む必要はない!

ってことを言ってて、本当にそうだな〜って思って聞いていたのですが、実際にどうやってそういうふうにできるかっていうところがすごくタメになりました。

・自信=自分の力で未来を変えられると信じる力(自己効力感)のことで、

・この自信をつけるには、毎日一人で考える時間を作ることが大事だそうです。

・なぜかというと、何が、自分の人生を変えてくれていて、自分の努力のどこが報われているのかを見なければ、自信がつかないしやる気が出ないから。
(レベルが全く表示されないゲームは、やる気出ないのと同じ。)←この例え、なるほどな〜って思った。

・一人の時間を作って、
1、今日自分は何を狙って何をしたか
2、その結果、どのくらい良かったのか、どのくらい悪かったのか
3、次はどういう工夫をしていけば良いのか

というのを、毎日振り返る。=効力を確認する。

この方法、やってみようと思いました。

そしたら、ここ最近あんまりうまく行かないなって思ってたけど、ちゃんと、自分は何を狙って何をやってみて、それがどういう結果になってるのかっていうのを毎日振り返ってみたら、うまく行かないことがそんなに鬱じゃなくなるなと思いました。
うまく行かないっていうのは、データをとってる(結果を調べてる)ってことだから!
それで、ノートに、「日付」、「やったこと」、「狙ったこと」、「結果」、「次はどう工夫できるか」っていう欄を作って、書くことにしました。

あとは、うまくいっていないことを人のせいにすると、自分の人生は他人の決定や環境で決まる = 自分が頑張ってできることは何もない = 自分は無力だ というのを、自分に暗示かけているのと同じことになるそうです。
これは、生きていくのが辛くなる方法だそうです。

3、私の人生の目的とは?

それと、もう何個か印象に残った動画があって、それは、
嫉妬の感情(羨ましいな〜って思うこと) = 自分が本当に求めていること」だそうです。
嫉妬というのはそういう風に使えば良いそうです。

あと、やるべきこと・タスクが沢山あるけど、その目的を全て同じにする。同じゴールのために、色々なことをやっているっていう状態にするのが良いそうです。
で、その目的っていうのは、つまり、人生の目的です。
Daigoさんの場合だと、本を読んで知識を増やすことが好きで、それが人生の目的だそうです。

それで、私が本当に求めていること、私の人生の目的って何なんだろうって考えました。

色々紙に書いてみた結果、まとめると、今の私は、
・人と違った、レアな経験、新しい経験をしたい。
・好きなお店の好きな商品を売りたい。
・自分が作ったものを売りたい。
・グローバルな環境にいたい。(日本だけじゃなくて)
・捨てられるものが誰かに使ってもらえたら嬉しい。
・お金の心配はしたくない。
・自由な時間が欲しい。
(つまり経済的自由人になりたい)
って思ってるんだなってわかりました。

ドイツ語を勉強したいのも、ドイツ語を話せるようになって、ドイツやオーストリアで、経験できることを増やしたいからだなって思いました。
(英語もそう。)

海外で働いてみたいって思ったのも、Webデザイナーの仕事を海外でしたいわけじゃなくて、ただ今までやったことない経験をしたいっていうのと、自分の活動範囲を日本だけにしたくない。っていうことなんだろうなって思いました。

あと、最近語学学校で勉強しているうちに、日本語を教えてみたいとも思い始めたのですが、なぜそう思ったのかなって考えてみると、日本語を外国語目線(英語やドイツ語目線で)説明してみたくなったからです。
で、それは、今まで韓国語、英語、ドイツ語を勉強してきたので、外国語として日本語を説明できるようにしたら、上手く教えられる気がしたからです。
(日本語の語彙力とか、ネイティブレベルでの日本語力はめっちゃ低いですが。笑)
で、それは、結局、自分の活動環境を、日本だけとか、日本人とだけ活動するとかではなくて、グローバルな環境にいたいからなんじゃないかなって思いました。

4、これから取り組んでみること

やってみたいことは色々あるのですが、
ブログと、物販と、日本語を教えることで経済的自由人になりたいなって思っています。
なので、まずはこのブログの更新に力を入れていこうと思います。

あと日本帰ったら、日本語を教える勉強や、お金についての勉強をしたいなと思っています。

注)私、コロコロ考えが変わるので、またすぐに変わるかもです!
上手くいかなかったらすぐ次!ですから!!

5、ドイツ・ワーホリ、3ヶ月で終わります!

実は2週間くらい前に決心しました。

ドイツのワーホリ、まさかの3ヶ月で終わりにします!

理由は、今度またブログに書きたいと思います。



スポンサーリンク