韓国留学、ベルリン短期ワーホリ、転職、Webデザイン、英語勉強、旅行、食べ物、ディズニーなど

【レビュー】格安レンタルサーバー・リトルサーバーを使ってみた!

今まで、このサイトは、評判の良くて安心なエックスサーバーを使っていたのですが、やっぱりちょっと料金が高いので、「月額150円でwordpressが使える」というリトルサーバーに変えてみました。

プラン表を見てみると、一番安いミニプラン(月額150円)でもWordpressが使えて、ディスク容量は20GB、1日の転送量が30GB、データーベースも3個作れて、独自ドメインも無制限に使えます。
本当に月額150円でWordpress用のサーバーが使えるんだ!と驚きでした。

私は、このサイトは記事数が100件未満で、容量が300MB未満なので、容量的にもリトルサーバーのミニプランで十分かなと思いました。
ただ、ミニプランだと高速化設定ができないようなので、一応ワードプラン(月額195円)にしました。
高速化設定って何かよくわかってないのですが。笑

エックスサーバーは月額1000円くらいかかっていたので、約5分の1の費用で済むことになりました!
すごい節約!!
エックスサーバーはディスク容量200GB、データーベースも50個作れてすごい充実していたのですが、正直そこまでたくさん使っていなかったので、私には贅沢すぎました。

実際リトルサーバーに変更してみて、サイトの表示が遅くなったという感覚もなく、問題ないです!

ただ、エックスサーバーに申し込んだ時にキャンペーンで、無料の独自ドメインをもらっていたので、それが使えなくなってしまいました。(独自ドメインだけ更新すれば使えるんだけど)
それで、リトルサーバーの提供ドメインでいいっかと思ったのですが、そうするとGoogle Adsenseが通らなくなってしまうので、もう一つ持っていて使っていなかった独自ドメインを使うことにしました。なのでURLが変更になってしまいました。

※追記
後から、エックスサーバーを解約しても、キャンペーンでもらった独自ドメインを、エックスドメインに移行すれば、独自ドメインだけ期間まで(私の場合プラス1年でした)使えて、その後も1年1270円くらいで更新できることを知り、URLを元に戻しました。

あと、サーバーを移転するのが初めての経験で、URLを変更するのに、色々間違えたりしてワードプレスのログインページにログインできなくなったり大変でした。エックスサーバーの方がマニュアルは充実していると思いました。(マニュアルがあったとしてもスムーズに移転できたかはわかりませんが。笑) リトルサーバーのマニュアルには、↓このくらい簡単です。

こちらのサイトを参考にして、なんとか移転することができました。
「別のサーバーへWordPressを移行する方法(WordPressの引っ越し) – プライマリーテキスト」

ログインできなくなった場合は、こちらの記事を参考にしました。
「WordPressにログインできないよくある6つの事例の解決策 – なんでものびるWEB」

index.phpか、.htaccessか、wp-config.phpを編集するか、Wordpressの管理ページのパーマリンク設定の保存をクリックし直すか、そのどれかでエラーは直りました。

色々大変でしたが、無事サーバーを移転でき、費用節約ができたので良かったと思います!
個人ブログでとにかく安いWordpress用サーバーを探している方は、リトルサーバーはおすすめだと思います!

※1年契約でクレジットカードで支払いすると、1年後に自動更新されて次の1年分の料金が自動引き落としになるので注意です。自動引き落としにしないでほしいなと思いました。(エックスサーバーは手動で更新手続きできたので。)

リトルサーバーの公式サイトはこちら。
月額150円~リトルサーバー

関連記事
WordPressサイトを作る時のおすすめレンタルサーバー & ドメイン

スポンサーリンク